2010年09月27日

そうではない人のどちらが

今の日本では健全な仕事をしている人と、そうではない人のどちらが多いのでしょうか。
もちろん、前者が多いのですが、悪徳商法を行っている人の数もかなりいるのではないでしょうか。
それはたくさんの被害者がいるからです。
マルチ商法と言うとほとんどの場合は悪徳商法であると考えていいでしょう。
マルチ商法はネットワークビジネスと呼び名を変えているでしょうが、内容は何も変わっていないのです。
マルチ商法の被害に遭わないためには、そのための知識を持っておくことが大事です。
この商法はお金がなくても、人に商品を売ることができれば元手以上に利益が出ると言う仕組みなのです。
問題点は、そこで販売する商品がたいてい粗悪品であることです。

カフェスリム
フィオーレ
5スリミングショーツ
posted by おれおれ at 10:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。