2010年12月10日

一般的でしょうが

昔はだいたいどこの家も、木材で建てられていました。
現在でも、一軒家の場合には木造モルタルが一般的でしょうが、都市部では鉄筋コンクリートのマンション住まいが多くなっていますね。
マンションは密閉性が高いために、冬でも温かいことで評判は良いです。
しかし、密閉性が高過ぎることで結露などの問題も表面化しています。
木材は一般的に温かいと言われていますが、実際、木材で建てられた家は、あまり温かいということで評判にはなりませんよね。
どうしてなのでしょう。
日本には、梅雨という時期がありますし、夏も湿度が高くて暑いですよね。
ですから、家の造り方が古来より夏向きに工夫されているのです。
たとえば、大きな窓やガラス戸などを四方の壁に設けることによって風通しを良くし、蒸し暑さを解消しています。


FXプライム 1000通貨
posted by おれおれ at 08:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。